<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
381.コープの宅配システムはよろしい〜
a0020116_8575090.jpg
先月末に「コープ」、すなわち「生協」の宅配会員になった。日野に暮らしていた10数年前からその存在もシステムも知ってはいたし、ご近所でも利用しているご家庭が数軒あった。「高い!」と思っていた。勘違いだった。モノによっては「安い!」んである。それも「重量」のあるモノが。
a0020116_944254.jpg「米」の一例。2005年度新米&品種でこの価格帯。近隣の5、6軒のスーパーよりは1割(以上)は安い。
a0020116_99291.jpg
「ビール&発泡酒系」も同様。現在ワタシが最も気に入っている「サッポロ・ドラフトワン」がこの価格。しかもレギュラー価格である。定価販売が前提のコンビニだと「810円」。2割(も)安い。近隣にある10軒ほどのスーパー&デイスカウンター等で、特売でもないのにこれ以下の価格で販売している店は1軒のみ。大量消費する当方にとって、かような重たいモノを安価でしかも宅配してくれるシステムは、アリガタイなんてえモンではない。
a0020116_9162563.jpg
以前は必ずしも安くはなかったそうである。そういう“悪評”を耳にはした。しかし、数年前、関東圏の1都6圏がコラボ態勢を確立し、そのスケールメリットを活かすようになってからは変わったようで。よろしかったら関東1都6圏の皆サン、ご検討してみてはいかがで?そんな気が少しはある方はコチラhttp://co-op.toroku.jp/を。“アフリエイト”に関係なく“イイものはイイ”と思う我がおわす
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-30 09:16 | ●もろもろ
380.トラックバックの方法
トラックバックができるようになった。開設したのは昨年の5月だったから19カ月(も)掛かったことになる。当時はこの「EXCITE BLOG」、丁寧な手順解説があったんだが、当方がマジメに記事を投稿するようになってからは、なぜかそれが消えた。自己流で何回もトライしたんだがいずれもダメ。仲間内で情報交換すれど全員が同じ結果。3回もメールで(それも極めて丁重なる調子で)問い合わせを行えど全く返事がこない。温厚極まりなき当方もさすがに半分キレ気味になっていて、この「EXCITE BLOG」の運営会社の電話番号、代表者名等を調査中だったら……ウマクいきました。以下、その手順。至極簡単ナリ。
a0020116_16541299.jpg
相手先の記事最下段にある「TACKBACK」をクリックすると、その記事のURLの下に「トラックバックする(会員専用)」とある。これをクリックすればイイと思っていた。誰しもそう思うは当然(だろう)。
a0020116_17111156.jpg
ところがである。そこをクリックすると、かようなメッセージが。“なんじゃ?コリャあ”となるはこれまた当然。一方的に『権限』がないと通告されるんだからねえ。実はコレが陥穽。当方の周囲は全員(といっても4人だけど)がこの陥穽にハマっていた。以下、“正しい”手順を。
a0020116_17154528.jpg
相手記事のURLをコピー。
a0020116_1726888.jpg
続いてトラックバックしたい自分の記事の「編集」をクリック。
a0020116_17265525.jpg
 開いた編集用ページの最下段にある「トラックバックURL」に相手記事のURLをペースト。それで送信ボタンをクリック。これで完了。
a0020116_17362647.jpg
相手記事下段の「Trackback」にきちんとトラックバックされたことを証明する数字表示が。ワタシ以外にもうひとつのトラックバックがあるゆえ数値は「2」となっているが。
以上、知ってしまえばいたく簡単。なまじ、「トラックバックする(会員専用)」なるモンがあるため混乱するんである。なんなんだ?コレ。「このメニューの権限がありません」とは、どういうこっちゃ?でアル。
「EXCITE BLOG」のヘルプ欄の「Q&A」にも、この陥穽に陥ったとおぼしき質問がいくつかあった。回答はナシ。だんだん腹が立ってきたね。やっぱり代表者名突き止めて(軽く)ドウカツ加える気になってる我がいた
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-29 17:09 | ●もろもろ
379.ゴミ有料化と“駆け出し離婚”の関係
a0020116_1529185.jpg
町田市でも10月1日から「ゴミ有料化」が始まる。昨年まで住んでいた日野市は6年ほど前に開始。1年後のゴミの量が前年の約半分に激減。効果は絶大だったワケ。
a0020116_15153340.jpg
有料化は専用指定ゴミ袋を購入させることによって具現。さらには個別収集、すなわち各戸の玄関前に置くことが義務付けられる。この指定ゴミ袋以外の袋は一切収集されないゆえ施策効果は間違いなく上がるという仕組み。
a0020116_15154820.jpg
分別も徹底。ゴミ減らしとともにむろんリサイクルも大きな狙い。
a0020116_15295251.jpg
日野市は東京多摩地区でナンバーワンの実績が。それにひきかえ町田市は……。もっとも日野市も施行前の1週間、トンデモナイ状況だったけど。“駆け込みゴミ捨て”が・超・ひどかったんでアル。ゴミ集積場はどこもかしこもゴミの山。唖然とした。町田でも明日あたりから一挙にひどくなるハズで。
この“駆け込み”が起きそうで起きないのが下記378の『離婚』。夫サイドだけが年金改正を知っているなら平成19年4月を前に一挙に起きるだろうが、妻サイドも知っているとなれば無理(も無理、大無理)。むしろ同年4月になった直後の離婚が爆発的に増えるんでは?いわば“駆け出し離婚”
夫の定年を境に離婚を申し出る妻が急増中。平成19年といえば団塊世代の定年がピークになる年。なんやトンデモナイ事態が起きそうで──。妻に去られ、年金も半減し、料理洗濯掃除も満足にできぬ熟年男が溢れかえることに。“大いなるビジネス・チャンス!”とばかりに舌なめずりする(定年とも離婚とも無縁で料理洗濯掃除が得意の)自分がおわすけれどもね。ハハハのハ
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-27 15:14 | ●もろもろ
378.平成19年4月(の大攻防の予感)
今、『離婚』を考えているサラリーマンの奥方様へ。平成19年4月までは(なんとか)踏ん張ることをお勧めする。年金改正によってそれ以降に離婚すると、将来、別れた元ご主人に支払われる年金(※厚生年金分)の最大50%を頂けるようになるそうで。それ以前に別れたんではむろんダメ。
逆に今、『離婚』を考えているサラリーマンの皆様は、平成19年4月までには(なんとしてでも)きちんとお別れになられんことを──とあいなる。
なおこの件に関しては一切、個人的な問い合わせには応じない(つもりの)我がいることをハッキリ宣言!

※とんでもない“バトル”がそこら中で勃発するような予感が……
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-27 00:02 | ●もろもろ
377.乗鞍高原番所の蕎麦屋(のススメ)
放映回数1770回を超え35年の歴史を誇る日本テレビの大長寿番組『遠くへ行きたい』http://www.ytv.co.jp/tohku/index_set.html。何百回記念だったか忘れたが、かなり以前のアニバーサリー記念で『日本で一番美味しい「もりそば」を作ろう!』なる趣向で番組構成がなされたことがあった。パーソナリティはこの番組でも圧倒的に最多の出演回数を持つ俳優の渡辺文雄さん。旅通にして食通でも知られ、とりわけ「蕎麦」に関するウンチクの凄さたるや別格中の別格級。全国各地にそれこそ星の数ほどある蕎麦どころをほとんど行脚&踏破。
蕎麦はもちろん、醤油、味醂、カツオ節などのそばつゆ用調味料はむろん、ネギやワサビなどの薬味類も全て『日本一のものを揃えよう〜!』という趣向。蕎麦以外のものはかなり簡単に決まったんだが、肝心の蕎麦がなかなかに──。スタッフが最終的な決定を渡辺さんにお任せすることとあいなったんだが、その渡辺さん、こうおっしゃった。「ボクが食べた中でイチバン旨い!と思ったのは乗鞍高原番所(ばんどころ)の蕎麦だった!」その乗鞍高原番所の蕎麦屋の中で、最も古くから営業を開始し、最も長〜〜い行列ができ、そして最もウマイ!といわれる店が 『中之屋』http://www.azm.janis.or.jp/~nakanoya/である。
a0020116_0425115.jpg
当方が初めて訪れたのは38年前。高校生だった当方、夏休みをこの地の民宿で過ごした。当時、受験生特別料金設定が。一泊三食&オヤツ付きで(ナント!たったの)600円!むろん光熱費水道代等オール込み。「家にいるより安上がり」、そう判断した母親は賢明だった。「勉強嫌いのバカ息子でも他になにもすることがなければ少しは机に向かうだろう」とも考えたようで。しかし、民宿裏の崖を下ったところに天然岩魚があまた生息する格好の渓流が流れていることを我が母親は知らなかった。昼間は毎日のように通った。手作りの和式毛バリを駆使してウブなイワナを釣りまくった(ほとんどリリースしとりましたね)。そして夜を迎えてほとんど毎日通ったのが、この『中之屋』だった。当時は写真のような立派な店構えではありませんで、10人程度で満員になる小さな店デシタ。
a0020116_12442970.jpg『中之屋』は店のすぐソバに広大なソバ畑を保有。しかも「ひき臼」として理想的といわれる水車も自前。蕎麦打ち歴60年超のキャリアを持つオバアチャンが今なお現役(のハズ)。写真はおそらく10年ぐらい前のもの(だろう)。その技を受け継いだ息子さんが現在の経営者。
そもそも乗鞍高原一帯、とりわけ番所なるエリアはソバの育成地として理想的なんである。標高の高さとソバの味&香りは比例。この番所の標高は約1500m。戸数100件程度の集落を構成しているが、日本で最高地にある集落である(同じ長野県内の有名そばエリアである戸隠は1000m程度)
そもそもなぜ唐突にかような記事を記したかといえば、No.375で「無印良品キャンプ場」のオススメ記事を記載したところ、「乗鞍のソバ」の話が起きたがため。過去、あまたの友人・知人を連れて行ったが、全員、一口食べたところで絶句。概念が変わるんである、『蕎麦』なるモノの。4、5年前に6人で行った際、帰京してから全員が都内の蕎麦屋に行かなくなった。9月上旬の頃。はっきり言って、蕎麦にとっては最も味と香りが落ちる時期。その時期にしてそうなるんだから、10月中旬以降の新蕎麦の時期に食したら……。当方がもう30年以上、都内のそば屋にまず絶対に入らなくなった理由でアル。中途半端な味の割りに高い蕎麦屋のソバを食べるくらいなら自宅で乾麺茹でますぜ。
よろしかったら皆さんぜひに!乗鞍&上高地の紅葉も絶品!さらには乗鞍温泉も!ココの温泉、白骨温泉と同じく白濁の湯。“温泉の素”なんて間違っても入れておりませんからご安心を。なお、この番所よりさらに登った地点にスキー場があるが、その一帯にある食堂等では、乗鞍産ではない蕎麦粉を使った乾麺を(平然と)出す店も以前はあった。ゆえにご注意を。今年、絶対に行く気になってる自分がおわす

※上記写真は『中乃屋』のHPから事後承諾前提に借用
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-25 23:53 | ●もろもろ
376.茄子のYOICHIクン
a0020116_1342962.jpg
トロ箱で育てたナス。「長ナス」なる品種。今夏、すでに10数個の収穫があり、秋ナスに備えて剪定したらきちんと実を付けた。トロ箱、すなわち条件の良くないプランター栽培にもかかわらず、ついでに肥料は有機系を少量与えただけにもかかわらず。
a0020116_1362360.jpg
“長ナス”の名称通り、長っぽそくなる。まさに食べごろ。撮影後、収穫。そのままヌカ床に直行。ちなみにそのヌカ床、鉄粉入りのナス専用床。色が鮮やかな紫色に仕上がる。「生協」で購入。オススメ。
a0020116_1371198.jpg
ナスの花。薄紫色の可憐な花だ。
a0020116_13102583.jpg
受粉後、約1週間程度で実がナスらしくなる。
a0020116_1373216.jpg
少し成長した段階。ヘタ部分が白っぽいが、これは陽光を浴びていないため。成長の早さを示す指標でもアリ。陽光を浴びると紫色に。“陽光”というより厳密には「紫外線」。すなわちナスのアノ色は“日焼け”なんである。
a0020116_13104266.jpg
かなり成長した段階。“日焼け度”充分。品種はナスの代表種である「千両」なる種。
a0020116_13125832.jpg
5本植えたナス苗のうちの1本。ご覧のように“自然農法”、というより“ほったらかし農法”。自然に(&勝手に)繁殖したシソやら雑草の中に枝を張り、多数の実をつけている。この苗は「接木苗」。少し高価だが、通常の苗より生育も実りもよい。すでに30ケ近い収穫があって後、まだ10数個が実っている。
a0020116_13104777.jpg
“ほったらかし農法”の欠点は、実が雑草に紛れてしまって収穫タイミングを逸すること。たまに起きる。左は平均サイズ。右がその“穫り忘れ”。18㎝もある。「千両」どころか「万両」だ。ハハ。味は大味。当然だろう。
ちなみに「進研ゼミ」なる進学塾(?)のキャラクターに「トマト王子くん」なるモノがあることを最近知った。それに“対抗”して我が家のナスたちを「ナスのヨイチくん」と命名した我がいる
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-23 13:08 | ●サルでもできる農業ごっこ
375.無印良品(の)キャンプ場はGOOD!
a0020116_20134661.gif

a0020116_20104682.gif
No.359の記事で『某フライフィッシング・スクール開催』なるお知らせを。そこで「良品計画のキャンプ場」と記載したところ、「良品計画とはあの無印良品の会社なんですね」「無印良品にはキャンプ場まであるんですか?」なる問い合わせをいくつか頂いた。そうなんである。今じゃあナショナル・ブランドどころか、「インターナショナル・ブランド」にまで成長し、どこぞの超・低民度国では“完全パクリ”までヤラれているアノ『無印良品』は、 『株式会社良品計画』http://ryohin-keikaku.jp/なる会社がトータル・プロデュース&オペレーションをヤッているんである。
そのURLをクリックするとトップ・ページの「主な事業」のところに、きちんと「キャンプ事業」なる項目が。クリックすると 『MUJI OUTDOOR WEB』http://www.mujioutdoor.net/が表れマス。コウベを垂れる稲穂の写真とともに。

a0020116_20144967.jpg【津南キャンプ場】
a0020116_2020577.jpg【南乗鞍キャンプ場】
a0020116_20204118.jpg【嬬恋キャンプ場】

無印良品キャンプ場は3ケ所。『津南』(新潟県)『南乗鞍』(岐阜県)『嬬恋』(群馬県)の順に開設。写真をご覧になれば分かるようにいずれも、エリア内に“Pond"”ないしは“Lake”、すなわち池か湖がある。ひじょうにコンディションの良い鱒類が生息。すなわちキャンプを楽しみながら、釣りも楽しめるというワケ。むろんその他のアウトドア系アクティビティも。
なぜかような記事を入れたかといえば、ひとつに当方、かなり昔からこの会社ならびにキャンプ場とお付き合いがあるため。それから、No.359の記事に「嬬恋キャンプ場(正式名称:カンパーニャ嬬恋)」のスタッフである播磨さんなる方からコメントを入れてもらったため。この播磨さん、カヌーのスペシャリストにして、フライフィッシングや他のアクティビティのエキスパートでもアリ。おだやかな御性格のまこと好青年。
そして、ついでと言ってはナンだが、10月にイベントが開催されるため。No.359でも記したが10月1日(土)『岡田裕師スペイ・スクール』が、10月30日(日)には『清水一郎シンキングライン・スクール』がどちらも『カンパーニャ嬬恋』で開催される。
また、『南乗鞍キャンプ場』では10月1日(土)〜2日(日)『ティムコ・キャンプ&フライフィング』http://www.tiemco.jp/07/tolvol2/050812.htmlなるイベントが開催される。このイベントは、キャンプならびにフライフィッシングの全くの初心者でもOK。ちなみにこの「ティムコ」とはフライフィッシングならびにアウトドア用品を専門に扱っている会社。専任のスタッフが完全サポートしてくれるハズ。さらには南乗鞍キャンプ場には桜井クンなる良品計画のスタッフが。CUTEなお嬢サンで、ワタシの“姪”のような存在。フライフィッシングも(一応)こなす(ようで)。そんなこんなで、よろしかったらぜひに!
なお岡田裕師さん、清水一郎さんの上記スクールは、フライフィッシング未経験者はちょっとシンドイかと。とはいえ、経験者には最適のスクールかと。
a0020116_20111973.gif
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-22 20:11 | ●もろもろ
374.ゴーヤ讃歌ー2【モリゾー(&キッコロ)】
a0020116_20471520.jpg
近くのマンションのフェンスに植えられて育ったゴーヤ。以前記したが、生け垣にも最適。葉が繁る時期が長い(うまくすれば5〜6ヶ月)うえ、葉っぱ自体、野菜っぽくなく観葉植物っぽいゆえ。下方にゴーヤの実がひとつ見える。
a0020116_20511397.jpg
3つも成っている。どうすんだろう?このゴーヤ……と思った。そう思った瞬間、我欲が(やっぱり)ムクムクと。抑えたが。
a0020116_20533156.jpg
ツルはやたらに伸び、そして伸びた先ではほぼ確実に実をつける。このマンションの住民&管理人、ちゃんと気付いているのかいな?ゴーヤがたくさん成ってるのを──とばかり余計なお世話が“後ろ髪”になりつつも、この場を(何もせずに)立ち去った。きっとまた行くだろうけど……。ハサミとスーパー袋携えて&真夜中に(ウソ)。
a0020116_2125816.jpg
近所にある市民農園の一画で見かけたゴーヤの棚。生育盛んなツルを利してかような風に仕立て上げるも自由自在。なんかに似てるんだよね、コレ。『(三匹の)モリゾー』。「モリゾー」ってえのは愛知万博のアレ。相棒の「キッコロ」ともどもかの愛子内親王殿下が大の贔屓にしているキャラクターでアル。下写真はそのぬいぐるみ。似てるでせう?ハハハのハ。
a0020116_21105256.jpg
なお、このぬいぐるみを所望される(モノ好きな)方はコチラhttp://www.amlo.net/page1.htmlをクリック(するか万博会場へ)。天地がひっくり返っても所望しない我がいるけども

※愛知万博、意外な(といったら失礼か)盛況!
昨日発表された基準地価のアップ率も名古屋がイチバン高かった!
地域経済もむろん活況!日本で今、イチバン活力がアル(そうな)!
名古屋&愛知県内にやたらに友人・知人が多い当方、“ヨカッタヨカッタ”とばかりに
素直に喜んでオリマス。
その“恩恵”蒙っておられぬ方も少なくないようでゴザイマスガ。

だからこそ、河村たかしサンを(臨時or緊急避難的に)代表にすべきだったね、民主党は……。
『場の勢い』ってえのが間違いなくあるうえ、その支配パワー、桁違いにデカイゆえ。

[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-21 21:03 | ●サルでもできる農業ごっこ
373.ゴーヤ讃歌
a0020116_19544939.jpg
今年、ゴーヤの苗木を買って、ほんと〜にヨカッタ!と思う今日この頃。“今日この頃”になってもいくつも実をつけているからだ。かれこれ2ヶ月に渡って収穫が続いている。
a0020116_1955350.jpg
結実してから2、3日後。この小ささ。2㎝程度ながらすでに“ゴーヤしている”。このサイズが今現在、4、5ケはある。
a0020116_19552236.jpg
5〜6㎝級。このサイズも4、5ケ。
a0020116_19554650.jpg
10㎝級。このサイズは3つ。
a0020116_19581254.jpg
15㎝級。このサイズも3つ。
a0020116_19582616.jpg
そして20㎝超級。昨日、ひとつ収穫してあと2つ。2㎝級からこのサイズに成長するまで3〜4週間。花はまだたくさん咲いているからこれから結実するものも──。すなわち10月一杯ぐらいまでは充分収穫が期待できるワケ。くどいようだが、完全無農薬&(ほぼ)無肥料。肥料をマニュアル通りにきちんと施していたらどうなっていたかは分からんが、高収穫必ずしも『是』とは限らぬ(ハズ)。『足ることを知る』ってえフレーズの意味を(この年になって初めて)実感している自分がおわす
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-20 19:56 | ●サルでもできる農業ごっこ
372.代理戦争
a0020116_14213397.jpg
民主党のイメージ戦略を始めとしたパブリック・リレーション面を担当したのは「フライシュマン・ヒラード・ジャパン ( Fleishman-Hillard Japan)」http://www.fleishman.co.jp/なるPR会社だそうだ。そのギョーカイにいる友人から連絡が。社名を初めて耳にした。米国にある「オムニコム」なる一大広告代理店系列PR会社の日本法人。6年ほど前、菅直人サンが女性秘書スキャンダルで騒がれた際、奥方サンの勧めでかような会社との契約に至ったそうだ。“どういうハナシの流れじゃい”と思うのはワタシだけじゃあないだろうよ。己の“下半身管理”と広報コンサルタントなんて次元が全く違うだろうが!ってネ。
a0020116_14221453.jpgこの菅直人なる御仁、“下半身管理能力”ウンヌン以前にセンスがとにかく悪い。完全にズレている。最悪!といってもいいほどに。当方がそう確信したのは2001年参院選時。当時幹事長だった菅サンが、三顧の礼とやらをもって出馬要請したのがアノ大橋巨泉なる御仁。党内の反対論・疑問論(沸き起こるのはけだし当然)を強引に押し切って。なにせ“論客”で勇名を馳せている御仁。クチ先だけは達者ゆえ、さような異論を退けるのは造作もなかったんだろう。
しかしながら“クチ先”と“センス”、必ずしも比例はしない。巨泉氏に冠せられた“大物候補”なるフレコミは、単に肥満型体型だけを意味しているということに気付かなかったようで。少なくとも第二政党の幹事長が“三顧の礼”で迎えるような人物でないことは明白だった。実際、選挙用の“顔”として菅サンと並んで政見放送とやらに登場した際の巨泉氏のお粗末さたるや……。また、一度だけ参院予算委で代表質問に立ったが、ほとんど醜態以外の何ものでもなかった。ついでにもひとりの“顔”が幸田シャーミンさん。ゲッ!となったが、これまた菅サンの強い要望。巨泉、菅のご両人と並んで幸田シャーミンさん、政見放送に登場してマシタ。
a0020116_14223868.jpg自民党公認で立候補した舛添要一さんはインタビューで巨泉氏のことを聞かれた際、「あんな大橋巨泉みたいなオトコと私を一緒にしないで下さい!」と強い調子でのたまった。ずらっと並ぶテレビカメラを前にハッキリと呼び捨てにした。舛添サンの確たる矜持性。けだし当然。その舛添発言を記者団から聞かされた巨泉氏、憮然たる表情で「ボクは人のワルクチを言う人間は嫌いだ」だってさ。ゲタ笑い。抜けない幼児性は相変わらずだったし、だいいち、この巨泉なるオトコ、ヒトのワルクチ言いまくってのしあがってきたに過ぎない御仁。それもあくまで『テレビ界』でのしあがったにすぎんのでアル。『マスコミ界』ではなくだ。そこに菅サン、全く気付いておらんかったんである。当方が「センス最悪!」と断じるのも、ご納得がいくかと。
さらにである。菅サン、『巨泉サンは100万〜150万票はとれる!』と広言しておった。有権者をバカにするも甚だしい!と思った。「我がニッポン国にそんだらアンポンタン、100万〜150万もおらんワイ!」と毒づいた。結果は──「40万票」程度。“アンポンタン”が40万人は(も)いたということではあるけれど。ハハ。
100万票を超えたのは舛添要一さんのほうだった。確か120万票超。トップ当選すなわち圧勝であった。ちなみに幸田シャーミンさんに至っては、20万票もとれずに哀れ落選。当たり前だぜってネ。(ワタシの大好きな)櫻井よし子サンならともかく幸田シャーミンさんじゃあねえ……。
a0020116_14225710.jpgその巨泉サン、半年程度で議員辞職。意味不明、ワケ分からんことのたまって。幼児性どころか、幼稚園児そのものだった。その際の記者会見の茶番劇、覚えてオリマスカ?皆サン。社民党の議員数名がこの“(太った)園児チャン”取り囲んで、「巨泉サン!辞めないで下さい!お願いです!」だって。当方、ゲラゲラ笑いながら「はなぶさ幼稚園のお遊戯やってんじゃあねえヤイ!」と毒づいた。ちなみにそん時、お遊戯ヤッテたひとりが、辻本清美なる例の“カトンボ・ネエチャン”。今回、やっとこさっとこ比例区で御当選なされたようで。オメデトウございますデス、ハイ。今度また証人喚問の席に呼ばれてももう泣かないでネ、見苦しいからネ、薄気味ワルイからネ……。ついでに「はなぶさ幼稚園」というのはワタクシの“母園”でゴザイマス。
a0020116_14242956.jpgこの巨泉絡みの一連の件に関して菅サンは一切総括していない(ハズ)。それを看過した民主党なる政党。看過どころかヘタすりゃあ、またまた代表に選んでしまうところだったんだから何をかいわんやである。
ちなみに自民党のPR戦略を請け負っているのは「プラップ・ジャパン(PRAP JAPAN)」http://www.prap.co.jp/なる会社。この業界では大手のひとつ。かなり有名。確か5年前から自民党を担当。自民党VS民主党なる選挙戦は「プラップ・ジャパンVSフライシュマン・ヒラード・ジャパン」の代理戦争でもあったワケ。少なくとも後者の会社、履歴に(大きな)キズが付いたことは間違いない。“次”はないかも……。少なくとも“次”の総選挙が(早くも)待ち遠しい自分はおわしますけどネ
a0020116_1430494.jpg

※このくらいの長文を一気に書き上げると気分がヨロシイ〜。
その長文を最後までお読み下さりアリガトウございました。
『運気アップ』するやもしれませぬ。

[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-19 14:00 | ●世事ひょうろん