<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
171.(小松)菜の花(はウマイ!)
a0020116_1826018.jpg
拙宅の菜園で育つ小松菜の蕾みがふくらみ、花が咲き始めた。当然、食べる。これも「菜の花」。当然、ウマイ。大事に食べる。自家製ゆえに、これも当然。一般で市販されている「菜の花」はアブラナやセイヨウアブラナがほとんどのようだが、そもそもの定義では、アブラナ科の植物に咲く花を全てカバーする。ゆえに、小松菜の花も“立派な”菜の花だ。その他には、大根を始め白菜、野沢菜、広島菜、カラシナ、チンゲンサイなどがあるが、いずれも花はソックリにして、いずれも食べられる。
菜の花畑を観光の目玉にしている市町村は多数あるが、いろいろな菜の花があるということは、地域によって種類が異なるということだ。長野県なら野沢菜が、広島県なら広島菜が多いとなる。いずれにしてもアノ群生は見事。偶然、見つけたサイトをどうぞ。ここをクリック。九州は筑後川河川敷。開花直前にすっとんでいって、ヘドが出るほど刈り取りたい気分。大好物にして、直径5㎝程度の束が250円ぐらいするからである。
しかし「菜の花」、“春”を端的にイメージする花としては「桜」と双璧だ。黄色とピンク。カラーセラピー(色彩療法)では、黄色は便秘に効き、ピンクは痩身効果があるとのこと。どっちも“女性向き”……か。
そういえば東京は本日、桜の開花宣言が。昨年より3日、例年より13日も遅いそうで。ところで、その開花宣言、誰が何を基準に出しているかご存じでしたか?東京の場合は、気象庁の職員が靖国神社のとある桜樹の状態をチェックしたうえで。先ほどのニュースで初めて知った次第。この宣言手法もこれまた地域によって様々ということだ。何となくいくつか調べてみたくなった自分がいる
a0020116_1951866.jpg
このくらいの状態がイチバン美味にして食べごたえもある。この写真のモノ、撮影後に胃の腑に。欲張って、茎を長めにカットしたら、下のほうの茎、硬すぎてとっても食えたシロモノではなかったが(それでも食べちまった自分がいる──)
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-31 19:07 | ●サルでもできる農業ごっこ
170.祝!修復(タクアンを食べよう!)
トラブル修復。168の投稿を削除しただけ。そもそもその投稿自体がスンナリといかなかったんで、“ひょっとして”と思い、エイヤッとばかりに削除したら……。同じ桜の写真を6枚アップロードしようとして負荷が掛かり過ぎたんだろうと素人なりに推測。ああヨカッタと思う一方、“ひょっとして”と思うのが、新たなブログを作る前なら、なおヨカッタんだろうが。このブログを見切って、新たなブログを作ってしまったのである。少し前に。タイトルは「あすはどんな日?」。まあ、いずれにしてもノドのつかえがとれた気分であることは確かナリ。
ノドのつかえがとれないカンジなのは、例の「ライブドアvsフジテレビ(グループ)」。(ワタシ以上に)自信満々のオッサンが突如出現し、なんや複雑怪奇な様相に。見るからに百戦錬磨風のあのオッサン、キャリア(だけは)スゴそう〜。とはいえ友人のお嬢さん(女子高生)曰く、「絶対に手鏡、使ってる!」そうで。第二の植草センセイにならなきゃいいけれど。
“第二”といえばライブドア、ますます“第二のナントカ真理教”風カルト集団ぽくなってきた。ヘンテコリンな女性秘書とかが頻繁にテレビに登場しだし、のたまう際のテイストも完全に“教団風”。そう感じませんか?ちょっと食傷気味になってきたよ、あの面々。
全く食傷気味にならないのは、「冷ややっこ」と「タクアン」。今(も)食べている。漬け物のイチバン人気は「キムチ」だそうで。我が国のハナシ。数年前からそう。タクアンはベスト10に入るのがやっと。当方、意地になって食べ出した。子供の頃から好物だったことだし。その代わり、キムチは一切クチにするのをヤメた。理由は……今さら言うまでもないだろう。前からそれほど好きではなかったゆえ、全くもってどうということはない。
もうひとつ絶対にクチにしないのが米国産牛肉。ざあけた国である、アノ国。某牛丼屋、「米国産牛肉でないとウチの味が──」などともっともそうなコト、のたまっていたが大笑い。“何をカッコつけてんだよ!”ってえノリで。ホントの理由は他のところにあるようでございます、アノ牛丼屋。「オーストラリ産では油脂分が足りない」だって。ハハハのハ。ま、あそこ、漬け物はおいしいけど。ちなみに、「増沢流牛丼」のひとつは「スジ肉」使用。もうひとつは(米国よりは良心的な)オーストラリア産バラ肉を使用して仕上げ時にゴマ油を少々垂らす──。よろしかったらお試しを。タクアンつまみながら「サッポロ・ドラフトワン」が止まらなくなった我がいる
a0020116_20241100.gif

♪〜梅はあ〜散ったが、サクラはまだかいな〜♪
[PR]
by kokuzobosatsu | 2005-03-29 19:35 | ●開設こんせぷと
169 パソコン不調(嫌われたかな?)
■メインのパソコンが昨日より、不調。なぜか、この当ブログだけ開かなくなってしまったのである。167を記している途中で突如。何回、トライしてもダメ。マイッタなあ〜。他の2つのパソコンでは大丈夫。その不調のパソコンも、他のサイトは問題なし。とにかく、この我がブログのみアカン。
■そのパソコンのみ、HTMLタグを20種ほど単語登録。ゆえにマイッタなあ〜なんである。今、使用しているパソコンでもむろん登録自体は可能ながら、その時間がとれぬ、というより気分的にシンドイ。ゆえに、しばらくモノクロ表記。写真もゆえあってシンドイ。ゆえに、しばらくは写真ナシ。
■自ずと、コッチのノリもイマイチ気味に。とりあえず、これからひと風呂浴びる我がいる
[PR]
by kokuzobosatsu | 2005-03-27 18:38
167.ワクワク(BUT 嗚呼嗚呼──!)
『ソフトバンク参戦!』なる速報には正直驚いた。フジテレビにとっては“WHITE KNIGHT”となるわけか。と同時に、ニッポン放送の『スコーチド・アース・ディフェンス=焦土作戦』という色合いも。今日朝までの各種報道を(つぶさに)見る限り、かような“動き”を感じ取っているフシはどこも誰も全くなかった。昨夜、憔悴した表情で、赤チョウチンでの愚痴バナシのようなコト、記者会見でのたまっていたニッポン放送社長サン、ある意味“お見事!”。ハハハハハ。一方の堀江サン、記者会見では、どこか元気がなくて、表情がこわばっていたが、ひょっとしてアノ人は、今回の動きを掴んでいたのかも。なんてったって孫正義さんとは高校の先輩後輩。とはいえ孫サン、堀江サンのことを相当にキラっているというのは有名なハナシだが。
今夜から明日に掛けては、このニュース一色となるんだろうが(もうすでにそうなっている)、それにしてもまたまたオモシロイ展開に。ワクワクするね。まさに“格好の教材”。イチバン、戸惑っているのは堀江サンだろうや。多くのフジ・サンケイ・グループの関係者を始め世のコンサバ系の人々、ちょっとは溜飲を下げているハズで。“堀江よりは孫のほうがまだ……”なんてえノーテンキな比較論を掲げてさ。ハハハ。昨年のプロ野球参入問題の時にコンサバジジイどもが演じた茶番と同じ。“(ネクタイ締めてない)堀江よりは(ネクタイ締めてる)三木谷のほうがまだ……”。ワタシは断然、堀江サン贔屓だけどネ。ワタシもネクタイ、嫌いだから。とはいえ、この関連ニュースが占有してしまい、(我が日本国のIDENTITYに関わる)『竹島問題』など、韓国サイドがギャアギャアやらぬ限りニュースにもならぬが。嗚呼嗚呼──。
力石徹サンの命日にあたり、線香と般若心経たむけた我がいる──。ちなみに明日の株価、フジテレビは↑、ライブドアは↓、ニッポン放送は→、ソフトバンクは……。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-24 17:40
166.明日は何の日?(新カテゴリー登場)
明日、3/24は──
●『世界結核デー』
1882年同日、ドイツのロベルト・コッホ博士が結核菌を発見した日にちなんでいる。この方、コレラ菌や炭疽菌の発見者でもあり、それらの功績によって1905年、ノーベル賞を受賞。
●『平家が滅亡した日』
1185年同日、壇の浦の戦いで平家軍が源氏軍に完全敗北。安徳天皇、平時子、平知盛等の平家一族は入水し平家は滅亡。この時の源氏サイドの総大将が源義経。
●スティーヴ・マックイーン(1930年)、島田紳助(1956年)の誕生日であるとともに、かの力石徹の命日でもアリ。
●そして明日は、めでたくも『愛知万博』の開会式が行われる日でもある。ちなみに『仏滅』だ。天候は雨模様。前途多難、かと思ったら、意外に国民の皆サンの関心は高いそうだ。ヨカッタヨカッタ。ワタシも行く気満々。ちなみに『韓国館』、なんの“動き”もないけどさ。姉妹都市なんてえモンより、コッチを切っちまったほうが“効果”あるのになあ〜。さっきも(存在感の薄い)ダイトウリョウ閣下が、なにやらトンチンカンなこと喚いておったようだが、本気度示すんなら『韓国館』、撤去すりゃあエエのになあ〜。ワシ、無償で手伝いに行きますぜ、片手にツルハシ、片手に木刀持ってさ。

実は現在、少しばかり忙しい状況下に。それゆえ、昨日&一昨日は酷い手抜きに。ここ数日、平均睡眠時間3時間。それでも時間的余裕が取れない現状。で、ない知恵振り絞って考えたのが、『明日は何の日』なる新カテゴリー。コレなら(ゆえあって)そんなにタイヘンではナシ。で、結構、役立ちそうな情報が提供できる──とまあ一応は良いコトずくめ。気が向いたら、その日の『誕生花』なんぞも紹介します。最近、なぜか『花』に興味が──。野菜ほどじゃあないけど──
ちなみに3/24の誕生花は「カタクリ」「カリフォルニア・ポピー」など。

a0020116_21131736.jpg
このカタクリの写真は埼玉県小川町のHPhttp://www.town.ogawa.saitama.jpから。この町では3/27に「カタクリ祭り」を開催。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-23 20:44
165.国際水の日(は今日3/22)
と同時に「ラジオ放送」が始まったのも今日。80年前のこと。それを記念してNHKが今、特別番組をやっている。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-22 00:01
164.国際水の日(って知ってマシタカ?)
明日、3/22は『国際水の日』である。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-21 23:59 | ●もろもろ
163.正義の味方=土地家屋測量士(メタファー式考察)
〈我流採点式・必読度&面白度 ★★★★★プラス★

a0020116_17205727.jpg「土地家屋測量士」という職業をご存じだろうか。土地の登記や土地に絡む問題が起きた時に必ずといっていいほどお世話になるプロフェッショナルである。上の小説は、その土地家屋測量士を主人公にしたもの。ほんの10日ほど前に読み終えた。8つの短編構成。最初のハナシは隣家同士の境界線を巡るトラブル。隣家が突如、境界部に車庫を作り、その敷地が自身の土地を侵害しているのでは?と疑念を持った女性が主人公の土地家屋測量士に調査依頼。登記所で、両家の「公図」と「登記簿」、それに「地積測量図」を揃え、それに従って「光波測器儀」なる機器を使って測定。その結果、その女性の主張通り隣家の侵害が証明される──。
この「土地家屋測量士」なる専門家は依頼人に有利になるような結論を出すわけではない。「測量」なる科学的手法を使い、あくまで客観的な結論を導き出すことを旨としている。その点、弁護士とは根本的に違い、むしろ「裁判官」に近い。この物語では、疑念を抱いた女性が隣家を訪れると、隣家は当初“因縁をつけるな!”。しかし測量結果を知って素直に謝罪し、車庫を壊すのもナンだから、お宅の土地を譲渡して欲しいとなってメデタシメデタシと一旦はなるのだが、実は──。これ以上は書ケマセン。この小説の“コア部分”だから。そしてこの小説を紹介する当方の意図も、これから先が“コア部分”。現実は、そんなモノ分かりのイイ隣家ばかりとは限らないのである。
現実はこうだ。隣家が土地家屋測量士の測量そのものを頑に拒否。当然、“なぜ拒否?”となるが、もっとも考えられるのは隣家が確信犯であるという疑いだ。すなわち「土地侵害を承知のうえで車庫を作った」ということに他ならぬ。しかもそれを既成事実にしてゴリ押ししようという魂胆。できることなら隣家とモメたくないと願う女性側。「コトを荒立てるのもナンだから、車庫さえ壊していただけるのなら、その土地に芝生でも植えて両家で有効に使いませんか?」と提案。一旦は隣家も承知する。ほんの10年前の“約束”だ。しかしである。その間、車庫を壊す気配など微塵もなし。それどころか女性宅の子供が近寄ろうものなら隣家は恫喝して追い払う始末。
さらには自家の子供達にも、「いいか。隣がナンダカンダ言ってるが、車庫のある土地は先祖代々ウチのもんなんだゾ!」と生まれた時から執拗に言い聞かせている。そうした歪曲情報を固く信じて育った子供達。タチが悪いなんてえモンじゃあない。さすがに豪を煮やした女性側の親族が、『この車庫の土地は我が家のものです!』と張り紙を貼ったら、その子供達がハチマキをしてギャアギャアギャアギャア喚き散らしながら、女性側に抗議。「オマエんとこの子供とは付き合わないゾ!」とか叫びながら、女性の写真を狂犬よろしく噛みちぎるという狂乱パフォーマンスまで演じる始末。挙げ句に「オマエんとこの車庫のある土地はウチのもんだ!」とまで言い出すムチャクチャさ──。笑っちゃうねえ〜、この“隣家”。ナンバー162で記した「竹島問題」、日韓両国の関係性を“分かりやすく”&“簡潔に”表現すると以上のようになる。
もちろん「女性側=日本」「隣家=韓国」ですぜ、NさんKさんよ。ハハハハハ。ついでに「車庫」は「1952年に突如韓国が竹島に作った軍事施設」、「芝生」は「1995年に両国で合意した竹島水域有効利用計画」、「女性宅の子供」は「島根県を中心にした日本の漁民」であり「付き合わないゾ!」と名指しされた「子供」は「姉妹提携を結んでいる(&その予定の)日本の自治体」(別に断交したって全然困らないんだけどコッチは。ねえ皆サン。そもそも“コスメティック・エクスチェンジ”なんぞ、薄気味悪いワ)。そしてである。「土地家屋測量士」はすなわち「国際司法裁判所」でアル!ちなみに、かような表現手法を『メタファー(metaphor)』という。日本語だと「隠喩」、わかりやすくいえば「たとえバナシ」。当方、子供の頃から好きだった。
なんにしろである。女性側も隣家なんか無視して(もう気を使う段階は過ぎてるぜ)“土地家屋測量士”サンにきちんと依頼すればヨシ!仮に“隣家”のモノ!なる結論が出たなら潔く諦めるぜ、少なくともマトモな我が日本民族は──。それとともに、自分とこの“子供”にもちゃんと事実を教えねば──。それすらやらぬから隣家の“ヨンちゃん”にゾッコンの女性宅のオンナの子、「ヨンちゃんに会えなくなるのサミシイ〜」なんてベソかくお粗末さ。だから隣家のみならず町内のアッチコッチの“家”からナメまくられるワケ。“そんなムスメっ子、しばいたる!”とばかり(木刀片手に)やたら過激な“親戚のオジサン”がいるけどネ
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-20 17:22 | ●世事ひょうろん
162.オススメの小説(3/20日を迎えるに当たって)
〈我流採点式・必読度&面白度 ★★★★☆

a0020116_12145536.jpg「企業買収」について少し興味を持たれた方は、この書をどうぞ。ライブドアとフジテレビ(グループ)の攻防で、関連解説書の類いが大手書店では平積みされているようだが、さような書籍、必ずしも悪くはないけど、『小説』なる形式で“馴染む”と“血”となり“肉”となる率が高いというのが、当方の持論である。自身が主役や傍役になった気分で疑似体験できるからである。相当以前から、この方法を選択したお陰で、複雑怪奇な保険の仕組みや同業界、さらには金融業界やら証券業界の内幕やシステムをかなりのレベルで理解することができた。むろん、純粋解説書の類いのお世話にもなったが。
この『ディール・メイカー』なる書は小説としてのグレードも一級である。「LBO」も出てくれば「TOB」等の関連用語も頻繁に出てくる。著者の服部真澄さんの一連の作品は(『龍の契り』『鷲の驕り』等。どちらも抜群の出来!)いずれも極めてオモシロイ。しかも、舞台が『インターナショナル』。まるで翻訳本を読んでいるような気分になるが、その種の訳本に付き物の違和感が全くない。この『ディール・メイカー』など、登場人物に日本人がひとりも出てこないが、それでも(というより、かえって)感情移入ができるのも服部さんの筆力と構成力によるものだろう。
お彼岸である。極めてドメスティックな気分に。お線香をたくさん焚いているが、鼻腔をくすぐる芳香が心地よい。すでに蓮華界へと旅立った多くの親族・縁者・友人・知人、そして犬猫への“たむけ”として般若心経を(マジメに)唱える我がいる

ちなみに当方が『般若心経』を唱えるようになったのはちょうど10年前。「阪神淡路大震災』勃発時直後から。その後、“オウム”が引き起こした『地下鉄サリン事件』の直後に完全暗唱。本日3月20日は、その事件が引き起こされた日である
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-20 12:56 | ●書評&オススメろん
161.ハバネロを知ってますか?(ついでに竹島問題論評)
〈我流採点式・必読度&面白度 ★★★★★プラス★

「韓国はあんなに興奮するくらいだから、竹島ってやっぱり韓国のモノなんじゃあないの?」 。とある知人の女性のコメント。当方の100倍はノーテンキな方が日本には少なくないようで。「興奮度」で領土が決まるんなら、当方、いくらでも興奮しまくってヤル。ギャアギャア喚きながら、小泉サンの写真に噛み付きまくってる狂犬のごときオヤジがいたが(嘲笑しすぎてハラが痛くなったワ)、あの100倍の早さ(と迫力)でトウモロコシに噛み付きまくってヤルわいってネ(トウモロコシが大好物ですから、ワタクシは)。とはいえ韓国とは違って、日本では学校教育で「竹島問題」など全く触れることはないようなので、ノーテンキになるも(まあ)当然といえば当然。もっとも、『恣意的教育(歪曲歴史教育とまでは言わんが、武士の情けで)』受けるくらいなら、受けないほうがいいが──。
「竹島問題」、ここで解説するのも面倒ゆえ、『外務省のHP』http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/をどうぞクリック。この程度のコト、最低限でも踏まえておきましょう〜(ネッ、NさんとKさんよ)。そのうえで、お隣のお国の騒乱振りと大統領閣下以下の言い分とやらを見聞しましょう〜(ネッ!NさんとKさんよ)──特に重要な点は、当該HP内にも記されているが「1954年(昭和29年)9月、我が国は本件問題につき国際司法裁判所に提訴することを提案したが、韓国側は右提案を拒否」という事実。以来、50年以上も大統領が変わっても頑な姿勢は変わらず──当方並みには“なしょなりずむ”がムクムクとなりますぜ。小泉サンの写真を食いまくっても笑っててやるけどさ、我がニッポン国の国旗を足げにされりゃあ、木刀握りしめるのもけだし当然。竹ヤリとともに木刀が必需品になったよ、このワタシ。ついでに、よろしかったら『勝谷誠彦さんのHP』もドウゾ。過激。ハハハハハ。『外務省のHP』も珍しく、言うべきことをきちんと言っているが、勝谷サンはその100倍は痛烈。外務省が普通のトウガラシなら、勝谷サンは「ハバネロ」だ。
a0020116_2044013.gifこの「ハバネロ」、メキシコはユカタン半島原産の世界一辛いと言われているトウガラシ。トウガラシの辛さにはトウガラシの辛味成分であるカプサイシンの濃度に基づく「スコヴィル(Scoville)」という単位がある。国際的にも認められたものだ。その単位評価によると、普通のトウガラシは300スコヴィル程度だが、「ハバネロ」はナント!30万スコヴィル。100倍どころか1000倍の辛さ。ちなみに通常出回っているタバスコは2000〜3万スコヴィル。いずれにしても「ハバネロ」の辛さはスゴイ!東ハト製菓が『暴君ハバネロ』という、まこと秀逸なネーミング&コンセプトのスナック菓子を販売し、このハバネロの存在と名称が知れ渡った。このネーミング、「暴君ネロ」と「ハバネロ」をくっつけたもの。いいねえ〜。まだ食したことはないけれど。
韓国産トウガラシは、見た目は真っ赤ゆえ相当に辛そうだが、さほどではない。せいぜい100スコヴィル程度ではないか。その分、甘味と旨味が強い(と思う)。あのお国の方々、いつでも激してるように見えるから“辛そう”に見えるが実は──かもね。勝谷サン(や当方)と同様に。そもそも日本のトウガラシ、16 世紀末に豊臣秀吉軍が朝鮮半島に攻め入った「文録の役(1592年)」と「慶長の役(1597年)」の時に日本に持ち帰り、それが定着したというのが定説(ハクサイもその時に一緒に持ち帰ったそうだ)。「竹島問題」は実は、その時代も含めて論じるべきもの。勝谷さんが常々、『築地おどり』と揶揄する某新聞社系テレビ局の解説委員が先日、「1905年以降から論じるべきで、それ以前は関係アリマセン」とのたまっていた。“バカか!オマエ”と毒づいたが(木刀も握りしめたが)。もっともそれならそれでより一層、我が国の言うことが『正論』となるけれど。客観的に見てである。1954年以降の両国の対応を見れば明白(上述したニュートラルな国際機関である「国際司法裁判所」への提訴を韓国側が拒否し続けている点はその典型例)。興味のおありになる方は御自身でドウゾ。
「竹島」は“東”と“西”の2つの島(と多くの岩礁)から成り立っている。“半分ずっこすりゃあいいじゃん!”。これが(ノーテンキな)当方の現実的な“結論”(30年前に至ったモノ)。100歩どころか1万歩譲ってでアル。もっとも両国、それに近いノリで合意したにもかかわらず、それを“履行”していないのが隣国だ。コレ、否定のしようのない事実。それゆえ島根県は激したワケ。断固支持。ちなみに当方、 大学は文学部。入学の際、「日本史学科」を志望(進めなかったけどね、諸般の事情で)。とりわけ興味があったのは古代史と近代史。その間はどうでもよかったが、ゆえあってこの「竹島問題」に少々首をつっこんだお陰で、その間の歴史も“人並み”に。『暴君ハバネロ』を食べたくなった我がいる

今、フジテレビでは「K-1」を放映中。開催場所はソウル。竹島問題に関係なく盛り上がっている。まあ、そんなもんか。とはいえ、愛知万博はそうスンナリいくのかな?「韓国パビリオン」、人気館のひとつのようだが(特に女性に。理由はお分かりになるでしょうや)、これも“撤退”ってなるのかなあ〜。筋を通すなら、そうしよう〜、姉妹県、姉妹都市提携あたりを破棄なんてえ、チャチなイヤガラセしてるくらいなら。そのあたりで本気度が測れるが。スコヴィルで表記したらオモロイねえ〜本気度も。しかしまあ、馬山市とかの「対馬の日」制定とやらには笑った。国際的な笑いモノになるぜと楽しみにしていたら韓国政府が諌めたそうで……。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050319-00000071-kyodo-int


さらに詳しくという方は以下をクリック
●http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/
●http://www.pref.shimane.jp/section/takesima/top.html

ちなみに下は島根県のサイトだが、上のサイトは個人サイト。よくぞここまで──!というレベル。ご立派である
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-03-19 20:45 | ●世事ひょうろん