379.ゴミ有料化と“駆け出し離婚”の関係
a0020116_1529185.jpg
町田市でも10月1日から「ゴミ有料化」が始まる。昨年まで住んでいた日野市は6年ほど前に開始。1年後のゴミの量が前年の約半分に激減。効果は絶大だったワケ。
a0020116_15153340.jpg
有料化は専用指定ゴミ袋を購入させることによって具現。さらには個別収集、すなわち各戸の玄関前に置くことが義務付けられる。この指定ゴミ袋以外の袋は一切収集されないゆえ施策効果は間違いなく上がるという仕組み。
a0020116_15154820.jpg
分別も徹底。ゴミ減らしとともにむろんリサイクルも大きな狙い。
a0020116_15295251.jpg
日野市は東京多摩地区でナンバーワンの実績が。それにひきかえ町田市は……。もっとも日野市も施行前の1週間、トンデモナイ状況だったけど。“駆け込みゴミ捨て”が・超・ひどかったんでアル。ゴミ集積場はどこもかしこもゴミの山。唖然とした。町田でも明日あたりから一挙にひどくなるハズで。
この“駆け込み”が起きそうで起きないのが下記378の『離婚』。夫サイドだけが年金改正を知っているなら平成19年4月を前に一挙に起きるだろうが、妻サイドも知っているとなれば無理(も無理、大無理)。むしろ同年4月になった直後の離婚が爆発的に増えるんでは?いわば“駆け出し離婚”
夫の定年を境に離婚を申し出る妻が急増中。平成19年といえば団塊世代の定年がピークになる年。なんやトンデモナイ事態が起きそうで──。妻に去られ、年金も半減し、料理洗濯掃除も満足にできぬ熟年男が溢れかえることに。“大いなるビジネス・チャンス!”とばかりに舌なめずりする(定年とも離婚とも無縁で料理洗濯掃除が得意の)自分がおわすけれどもね。ハハハのハ
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-09-27 15:14 | ●もろもろ