336.>minabozu さまへの返信
>minabozu さま
御投稿御礼型返信です。コメント欄に納まりきらなかったもんで、悪しからず。
相当詳しく、そしてお好きみたいですねえ〜。喜悦喜悦。当方実は、大の「ロック・ギタリスト好き」なんですワ。
ベック、来日してましたねえ。6月でしたよね。久しぶりに行こうか!と思ったんですが、何ぶんにも「閉鎖空間・人ビッシリ」が大いに苦手になっちまって……。
初来日時は行きました。30年ほど前。「カクタス」(知ってますか?)のメンバーだったふたりを従えて作った『ベック・ボガート&アピス』なるグループで。『CREAM』を意識していたのは歴然。強烈!でした。ベックも凄かったけど、ティム・ボガートのベース!ジャック・ブルース以上だ!ってマジメに思いました。
クラプトンはストラトですね、なんてったって。とはいえレス・ポールをプロの間で流行らせたの実はクラプトン(という噂)。ヤードバーズ脱退直後から他に先駆けて使用。
レス・ポールの記念アルバムにジミー・ペイジはなぜか不参加。
去年の1月だったかな?来日。日本の“ナントカ賞”を受賞して。NHKでその授賞式を放映。
昔からのあまたの仲間連に連絡。「ジミー・ペイジがナントカ賞もらってNHKに出るゾ!」。
みんなワクワクしながら画面を。むろんナンカ一曲は演んだろうと期待して。
ところが、「ナントカ・アウォード」とか記されたチンケなディスクもらってオシマイ。
その分、フィナーレ時にオッソロシイ光景が──。
“浜崎アユミ”だか“カユミ”だかのネエチャンと並んでツーショット。
シュールな光景。
カユミねえちゃん、ポケ〜ッてなツラ。
「オイオイ、ネエチャンネエチャン、オマエさんの横チョにおわす方をどなたと心得るか!畏れ多くも先の『三大ギタリスト』のひとり、ジミー・ペイジさんなんだゾ!世界的ギタリストなんだゾ!百歩下がって、影すら踏むな!」とばかりに毒づきマシタ。
ちなみに、そのネエチャンの事務所に“抗議電話”入れた仲間がひとり、
NHKに入れたのが5人いました。
ウチ3人はソレを理由に受信料支払い拒否。“理由”というより“口実”なんですが。勧めたのはワタクシでございます。
(まだまだ続く予定です)

>minabozu さまーPART2
ベックをコピーなんて凄まじいですワ。ほとんど“暴挙”に近い!
かのリッチー・ブラックモアをして、「ベックのコピーは不可能」とまで言わしめたんですから。
ちなみにワタシは、ジョージ・ハリスンあたりをコピってました。
意外に「分相応」な「現実主義者」なんですぜ。
クラプトンはヤードバーズ脱退後、ジョン・メイオールのバンドに在籍。1枚アルバムを残してます。その時に、レスポールを使っていたようで。断言できないのは写真が全くないため。
クリーム時代はレスポールも使ってましたが、ファイアーバードやES-335も使用。
しかし、なんといってもクリーム時代のクラプトンといえば「SG」。サイケな模様入りモデルを弾くクラプトンにムチャクチャ“惚れ”ましたね(SGはマーシャルとの相性が抜群にイイとクラプトン本人も当時言ってました)。高校3年生の時です。
フェンダー系にシフトし出すのはクリーム解散後。とはいえ、ドレック&ドミノス結成前に参加していた「デラニー&ボニー&フレンズ」ではレスポール・カスタム(ブラック仕様)弾いてますが。
ドレック&ドミノス時代から、54年版ストラトの通称“ブラッキー”を愛用し出します(当初は57年版サンバーストを愛用していたみたいですが)。
a0020116_9551247.jpg「クラプトン」といえば“ブラッキー”、“ブラッキー”といえば「クラプトン」といわれるほどに愛用。B.B.キングの“ルシール”とおんなじですね。
確か1991年まで使ってました。
昨年、なんとまあクラプトン、20年以上愛用し、自身、「自分の身体の一部」とまで言っていたこの“ブラッキー”をチャリティ・オークションに。付いた値段が1億円超!それまでの史上最高値は、ジミヘン愛用のストラトに付いた3800万円(ぐらいだったと記憶)でしたから、まさに破格値。
100億もってりゃあ10億円でオレが買ったのに……と(100億円の外貨預金がないことを)大いに“悔やみ”ました。後3年待っててくれりゃあイイのに……とも思いましたネ。
(まだまだ続きます)なお写真の“ブラッキー風”モデルが欲しい方は写真をクリック。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-08-26 05:32 | ●ふらいふぃっしんぐごっこ