316.本日の収穫野菜(の一部)
a0020116_17543282.jpg上にある「ゴーヤ」は27㎝(も)ある。そこに横たわっている「オクラ」、大きいほうは17㎝(もある)。実はこのゴーヤ、生育していること自体、全く気がつかなかった。(ゆえあって、続きは後ほど記しマス)
(ここからは8/2記載)。昨夜はドタバタ。今朝は、まあ落ち着いているといえば落ち着いている。
17㎝の「オクラ」は大きくなりすぎていた。硬くて食用には不適だった。“モッタイナイコトヲシタ”と少なからず後悔。色が市販のモノに比べて断然青々しかったんで、まだ未成熟なんでは?と思っていた。オクラの場合、色よりもサイズが目安ということなんだろう。右のやや小さい(といっても14㎝はある)ほうは充分にウマかった。このサイズが限界ラインかもしれない。オクラに限らず、収穫判断は結構難しいもんなんである。
写真右上のスペースはちょっと“間抜け感”があるが、ここには他の野菜を置くつもりだった。アシタバとセロリ。しかし実際に置いてみたら色相的にゴーヤと同化。ゴーヤが目立たなくなると判断。外して撮影。パソコン画面で見たら予想以上に“マヌケた”写真に。写真も結構難しいと改めて痛感した自分がおわす

※昨日、自ら命を絶った自民党衆議院議員。郵政民営化賛成派と反対派が、それぞれの都合で“利用”するだろうな、と思っていたら案の定。今朝のニュース、テレビ各局とも両派の“言い分”を取り上げていた。こういう動きを読むのは決して難しくはないネ。とはいえ、少なくとも「初七日」が過ぎるまでオトナシウしとれよ!なんでアル。ヤダねえ〜、こういう連中。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-08-01 17:59 | ●サルでもできる農業ごっこ