285.コンペイトウ
a0020116_21125319.jpg
「金平糖」──に見えるが、違う。野菜だ。
a0020116_21211166.jpg
長さ2㎝程度の“赤チャン段階”。何か。ゴーヤー(ニガウリ)である。そう言われてみれば──というか、言われなくても分かるかナ?
野菜の実はなべて、幼い段階から成長後の形状をすでに有しているものだが、このゴーヤーほどそれが見事なものはない。まるで精緻なミニチュア模型並みだ。昆虫の場合、かようなケースはぐっと少ない。バッタぐらいのものではないか。下記ナンバー284のアゲハチョウのように多くは激変する。
人間を始めほ乳類など胎生動物は皆、“野菜型”だ。何となくツマラン。アゲハチョウのような人間がいてもオモシロイかも。ゴキブリのような人間ならゴロゴロいるゆえ──。ゴーヤーのような長っ細い金平糖があってもオモシロイ!とフト思いついた自分がいる
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-07-04 22:44 | ●サルでもできる農業ごっこ