276.猛暑お見舞い申し上げマス
a0020116_1384588.jpg
トマトの生育過程には4つの段階が。「緑熟期」「催色期」「桃熟期」そして「完熟期」。トマトには2つの色素が。黄色系の「カロチン」と赤系の「リコピン」。最近(やたらに)注目されているのが「リコピン」。活性酸素を除去する抗酸化作用がビタミンEの100倍、βカロチンの数倍(だとか)。「催色期」から徐々に増え始め「完熟期」でピークに。このリコピンのみならずビタミンCや同E、それに植物繊維も大幅に増加。
a0020116_139551.jpg
「オオシオカラトンボ」の♂。都内で目にするのは数十年振りのような気が。羽翅の先端にある黒い斑紋にご注目。コレは単なる目印や飾りではない。飛行機の主翼の先端部にある「スロット(気流調整装置)」に相当。このSLOT、小さな装置ながら失速墜落防止を果たす極めて重要なモノ。鳥類にもある。「小翼羽(しょうよくう)」。主翼を覆う雨覆羽(あめおおいばね)の先端にある。トンボも鳥も飛行機も飛行原理はそう変わらないということだ。トンボの“スロット”、名称は忘却しちゃったが(どなたか教えて下さい)。
a0020116_1401237.jpg
「ラン」の一種──といえば信じるだろうが、実は「タイム」の花。シソ科の多年草。独特の香りが肉料理の臭み消し用に古くから多用。古代ギリシャでは「タイムの香りがする男」というのが最高級の誉め言葉だったとか。ちょっと理解できぬ。当時の男たち、相当に肉臭かったのかもしれないが。「ジョンソン・ベビー・パウダーの香りがするオトコ」のほうがまだ……と思う我がいるけどネ。
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-06-29 01:38 | ●サルでもできる農業ごっこ