214.気象庁と土井某元監督(の共通性)
4月25日付けの気象庁3ヶ月予測では、5月から7月の気温は平年並みかやや高めと発表。4月30日付けの予測では、日本気象協会予測情報課の気象予報士清水輝和子サンが「太平洋の赤道付近の海水温が高く、日本に好天をもたらす太平洋高気圧が強まるため今夏も昨年同様の猛暑になる」と予測。ところが本日付けの気象庁の発表では「今年は冷夏」。ハハハだね。
連休開けの直後から一週間ほど滅法寒い日が続いた。オホーツク海高気圧とやらが発達したためだそうで。これは予測不能なんだそうだ。ホンマかよである。もしホンマだったらである。3ケ月予報だの長期予報だのはヤメろ!でアル。そんなことヤル資格、ゼロだからだ。一週間後の高気圧発生予測すら満足にできぬのに、3ケ月予測をするなんざあ、イチローの才能の一端すらも見抜けずに監督やってた土井某元オリックス無能監督並みだ(ヘンな隠喩かな?)。
ちなみにこの無能元監督、「イチローを育てたのはボク(ちゃん)デス」なんてのたまっちまって大失笑。図々しいにもほどがある。コイツ、イチローを2軍に落とした張本人ゆえ。それも「フォームが最悪。しかも言うことを聞かない」なる理由で。バカだね、コイツ。最悪なのはオマエだろ!ってネ。イチローさん本人も失笑気味に「ボクを育ててくれた監督は仰木さんだけです」と明言。以来、この無能某、どこからも“お呼び”が掛からずに“消滅”。気象庁にでも行けや、でアル。
a0020116_21344724.jpg
連休明けの寒さは農産物にかなりの被害を与えている。拙宅農園のキュウリもやられてしまった。根っこがボロボロ。上写真がソレ。苗自体も完全にしぼんでいる。焦った当方、昨日、近くの農協へ新たな苗を買いに行ったら、町田のみならず八王子周辺の農家でも相当の被害が出ていると担当者サン。今年は、関東以北産の夏キュウリの価格、相当高騰するか、店頭に出るのがかなり遅れるだろう。
それどころか、本日付け予測が当たったら、他の野菜はおろか『米』までが。「タイ米」の先物取引にでも手を出して……なんてえことは(二度と)考えない我がオリマスけども──(分かるヒトには分かる過去のオハナシ)

※なお上写真のカワイソウなキュウリ苗、肥料等をたっぷり施したプランターに植え替え。ダメ元。捨てるに忍びない気分の自分がいたがため
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-05-21 21:23 | ●サルでもできる農業ごっこ