210.雑感昨日&今日
日曜日のゴールデンにオンエア中の日本テレビ『A』なる番組、昨夜も「西武VS巨人戦」の合間にチラチラと“覗き見”したが……。1クールで打切りになる可能性大の心象を益々強くした。韓国の女子高生が校内グラウンドを歩きながらアイスキャンディを食べてるだのかんだのと、しかもそれをスタジオにいるタレント連が大仰なリアクションをかませるなんちゅう様式、いったいぜんたい……。
『天皇皇后両陛下アイルランド御訪問』のレポート番組を昨日早朝に視聴。BGMにエンヤ女史の曲が2曲かかった。“やっぱりなあ〜”とニタア〜としていたら画面に御本人が。歓迎レセプションに招かれていて両陛下と歓談。彼女の顔は龍村仁さん監督の『ガイア・シンフォニー』http://www.gaiasymphony.com/の「第1番(1992年)」で初めて見たが全く変わっていなかった。ちなみにこの『ガイア・シンフォニー』なるドキュメンタリー映画、必見!としておこう(かのラインホルト・メスナーさんも登場!仏教に完全帰依。“分かる!”)
米国アカデミー賞授賞式。各賞にノミネートされた俳優連が会場にドハデな大型車で乗り付け赤絨毯を歩くシーンが風物詩になっているが、今年はちょっとした“異変”が。乗り付ける車、過去米国製大型リムジンと相場は決まっていたのに、今年はナント!半数近くがトヨタの『プリウス』だったそうな。やたら売れてるそうである。今年は特にだろう。ガソリン価格が(超)高値留まりしたまんまだからだ。それにしてもさすがは“ハリウッド”。機を見て敏。それ以上に『さすがはトヨタ』。10年ほど前、プリウス発売時の全面広告を見て大いに唸ったが、リーディング・カンパニーたるもの、こうでなくちゃあイケンわな。(落ち目の)「GM」に技術提携(というより「技術提供」)申し出たあたりも“さすが!”でアル。
女子ゴルフ界の“ナントカさくら”とかいうお嬢ちゃん、あいもかわらずオヤジをキャディにしただのクビにしただのと、全くくだらぬ茶番を演じている。それをまたネタにしてアグラかいてるスポーツ・マスコミのなんとも陳腐なことよ。だいたいスポーツ選手のオヤジが出しゃばってイイことないぜ。アニマル浜口サンなんざあその典型。イチロー選手と松井(秀)選手のオヤジも一時やたらに出しゃばっていたが、息子からキツく釘を刺されて最近は……。そういえば高橋尚子選手も“オヤジ離れ”を。エエことだなあ〜と、いろんな意味で“歓迎”する(裏事情通の)我がいる(いろいろアルそうな、あのおふたりの“御関係”は)
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-05-16 20:07 | ●もろもろ