207.雹(←この漢字、読メマスカ?)
a0020116_15402452.jpg
突如、『雹』が降ってきた。雷鳴が轟き、空を見上げていたら、夕立ちのごとき様相で降雨が始まり、そしてそれに混ざって雹が。
a0020116_15403691.jpg
上写真、中央より若干下にある白い球体が雹。降り始めは、この倍ぐらいのヤツがそれこそ音を立てて降ってきた。ビックリしたね、さすがに。庭で遊んでいた我が家の猫たち&近所のノラ猫連も相当に慌てて逃げ惑った。
とはいえ、“ラッキーだったな”と少々安堵。というのは、今日、晴れ間がのぞいていたんで、一週間前からペンディングにしていた各種野菜の苗を畑(といっても雑草だらけの“自然菜園”)に植え替えようと思っていたからだ。ナス、キュウリ、ミニトマト、フルーツ・トマト、アシタバ、モロヘイヤ、トウモロコシ、バジルなどなど。雹に強い種はひとつもない(というか、そんな野菜、一部根野菜ぐらいのもんだろう)。
ミニトマト&フルーツトマトだけはプランターに植えたんだが、それに手間取ったがため、他の野菜にまで手が回らなかった。このプランターは即、軒下に移動させたんで被害はゼロ。植える寸前まで、畑に植えようかプランターに植えようか、迷いに迷ったが、昨年は畑に植えてかなりの収穫があったんで、今年はプランターで試してみようという判断が“好結果”に。逆にしていたら、“ツイてねえなあ〜”となって、たぶん誰かかどこかに“八つ当たり”していたことだろう。
それにしてもここ一週間の天候不順、ナンなんだろうね?天気も良くないんで“農業ゴッコ”のモチベーション、全く上がらん。おまけに寒すぎる。「フォトン・ベルトの影響がすでに表れてマス」などとしたり顔で吹聴する面々のお顔がいくつか浮んで、シレ〜っとする我がおわす
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-05-15 16:02 | ●サルでもできる農業ごっこ