88.イリュージョン写真(の正しい撮り方)
〈我流採点式・必読度&面白度 ★★★☆☆

昨日の文章、“最後の締め方が後味がワルイ”なる御指摘をとある女史より頂戴した。おっしゃる通りだ、と素直に認める。なぜか。自分もそう思っていたからだ。とはいえ、あの写真、リア・ウインドウからの写真だとしたら不合理な点がふたつある。
ひとつは「右側走行」でなくては対向車との位置関係がああはならない。もっとも「左側走行」の写真を反転させれば、ああなるが。決めてはもうひとつの不合理性。対向車のライトの色だ。長い軌跡を描いているが、色光は紛れもなくヘッドライトのソレ。逆方向、すなわち明るい出口から遠ざかっているのなら、対向車のライトはテール・ランプでなくてはならない。だが、テール・ランプにかような白色系はなし。法律でちゃあんと決まっている。テール・ランプは誘目度の高い「赤色」でなくてはならないと。写真を反転しようが「白」が「赤」になることはない(ふたつだか前に記した“異次元放送局”NHKNの紅白『旗揚げ合戦』なら分からないが)。以上のとおり、当該写真、きちんと出口へ向かって突っ走っている!ということが証明されマシタ!
ついでながら、昨日のような写真、何も走行中の車や自転車からでなくては撮れないわけではない。カメラを動かせばヨロシイ。「イリュージョン夜景」と名付けた写真を4点ばかり。
a0020116_19314561.jpg
少し小高いところから町並みを撮影。シャッタ−速度は1〜2秒。街灯やネオンが適度にブレたお陰でリズム感が生まれている。
a0020116_19342919.jpg
シャッターを切りながらカメラを光の軌跡のように移動させたもの。カメラの移動軌跡のとおりに光は軌跡を描く。当然ナリ。
a0020116_19351241.jpg
横への直線移動だが、移動速度をかなり早めにした。
a0020116_19361563.jpg
ズームをフル広角にして同じく早めに横移動。まだまだ、かような写真はヤマほどあるが、このへんで。よろしかったら皆さんもぜひ。
ちなみに、かようなテクニックを駆使して映した写真をさらにパソコンで適当にイジくれば、心霊写真なるアヤシゲな写真はすぐにできる。だからといって、その種の写真が全てインチキだというわけではない。ホンモノも間違いなくアル(ハズだ)、といいつつ1枚の写真にジ〜〜〜ッと見入る我がいる
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2005-01-12 19:50 | ●嗚呼我ケ町田