72.ピーポ君の家(に立候補しようと思ったが…)
〈我流採点式・必読度&面白度 ★★★☆☆

先日、テレビの討論番組で結構有名な評論家氏が、近年の犯罪発生率の急激な増加を憂いこう述べた。「警察力だけでは限界があるということは明白だ。日常的にエリア内を巡回する郵便配達員や新聞配達員、宅配便のドライバーを警察協力者として組織化し、巡回中に目を光らせてもらうようにすべき。いわば『ピーポ君の家』の巡回版だ」。自信タップリだった。
奈良県女児誘拐殺害事件の犯人が捕まった。36歳の新聞配達員だった。それを知った時、評論家氏の顔とコメントがアタマに蘇った。“評論家サン、二度と持論をクチにすることはないな”と思った。犯人の男、幼くして母親を亡くしている。ゆえに、母親が二次的被害者になることだけはないと思ったら、少しばかりホッとした。それに大晦日から正月三ケ日と続く。ワイドショーは“休業”にして、加害者宅を脅迫電話や中傷手紙で攻撃しまくる手合いのモチベーションもさすがに下がるだろう。
『紅白歌合戦』が始まった。アカ組が勝つかシロ組が勝つか──「曙vsグレイシー戦」以上にハラハラドキドキする、なんてえヒト、このニッポン国に5、6人はいるのだろうかな?小野文恵サンが失敗するんじゃないかドキドキハラハラしているヒトは少なくとも(ここに)ひとりいるし(今のところ無難にこなしている)、とんでもないハプニングを大いに期待しているヒトもやっぱりひとりいる。a0020116_227779.jpg今、審査員とやらに招かれた(ナニを審査するのかね?いったいぜんたい)橋田スガコさんなる脚本家が感想を求められてこう言った。「ワタシ、ここまでの曲で知ってる曲、一曲もないの!」。よう言った!全く同じだよ、このワタクシめも。紅白の視聴率が犯罪検挙率並に低下するのもむべなるかななんだよ。もっとも紅白の視聴率など、たとえゼロになったってどうということはないけど。そうだ!『ピーポ君の家』になろう!来年早々に申請しよう!と思い立ったまではいいが、たぶんあるだろう審査基準を満たすどころか、ヘンに“その筋”あたりからマークされていたりして──急に不安になった自分がここにいる
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2004-12-31 20:59 | ●世事ひょうろん