56.厚顔夫婦 (竹下夫婦の実相論)
〈我流採点式・必読度&面白度 ★★☆☆☆



今、TBS(系)で『テレビ報道50年SP歴史を揺るがせた重大ニュース!全映像素材公開ランキング100!! 』なるオドロオドロしいタイトルに反してマトモで良質の番組をやっている。4時間ブッ通しの年末スペシャルだ。おもしろい!さすがは“報道のTBS”と(遠い昔に)言われただけのことはある。とはいえである。シラけるのはスタジオに居並ぶゲストのゲーノージンに、ご意見を求めた時。一気にテンションが下がること多し。愚鈍なゲストがいるからだたった今も「北朝鮮による日本人拉致問題」がテーマになっているが、コメントを求められたタケシタ・ケイコとかいう女優、「……そうですねえ…、なんとも…いえないですねえ〜」。もったいつけてたったソレだけ、しかも同様の答え、少し前にもあった。司会のみのもんたサンも一瞬戸惑った。“シマッタ!(こんな女にやっぱり)振るんじゃなかった!”。ハッキリ顔に出ていたよ。みのサンの代わりに「アンタ、ナニしに出てきたんだア?ギャラ返却するか即刻消えるか、どっちかにしろや!」とまたまたまたまた毒づいた(猫も一緒にうなづいた)。トン女だかポン女だか御卒業の“才女”とかをウリにしていたオンナの実相。シリアスなテーマは全く無理。にもかかわらずよう出てくるよ。厚顔なる愚鈍、始末におえぬそういえば、彼女のダンナ、関口某とかいう自称写真家もちょくちょくワイドショーあたりにコメンテーター面して出てくるが、発するコメント、平和ボケ風鈍調ベタ論そのものだ。お粗末極まりない。それをまあ、堂々としゃべくりまくるんだよ、このオトコ。汚らしいチョビひげ揺らしてさ視聴者がナメられているのか、その程度の視聴者ばかりなのかは知らぬけど、少なくとも『恥じ』という観念がナイことだけは確かだろうなあ〜、熟年夫婦おそろいで。そうだ!この夫婦、今日から『厚顔夫婦』と呼ぼう!とハシャギつつハッ!とした。たった今、CMタイムになって、大正製薬の某風邪薬のCFが流れたんだけどメイン・タレント、そのタケシタさん!!!愚鈍なお顔がアップで映った!笑えたね。そっか、そういうカラクリだったのかってね。そんなモンだよ、テレビ局の“裏側”なんて。でもしかし竹下サン、それならそれで、も少しマトモなコメント言わなくちゃ。スポンサーと広告代理店(とコネ絡みを承諾したテレビ局)の担当者、ハラハラしてるぜ、間違いなく──とまあ、余計な心配している元コウコク代理店シャインの我れがいる
[PR]
by KOKUZOBOSATSU | 2004-12-22 22:44 | ●テレビ(局)論