39.なぜかシシトウ (未だに実るその理由)
a0020116_22281581.jpg

本日収穫したシシトウとトウガラシ。トウガラシは今が旬だが、シシトウは全くの季節外れ。少なくとも当方が暮らす町田周辺、東京近郊はそうだ。町田なる一帯、やたらに畑が多いが(それに比例して“元”がつく土地成り金も多い)、遅くても10月下旬にはいずれの畑でもシシトウ、すべて消えていた。そもそもは夏野菜ゆえ当然のこと。“当然でない”のは拙宅の庭畑だけだ。まだまだしばらくは収穫が期待できる気配。クリスマス当日も竹ザルとハサミを手にシシトウを穫るのも悪くない(と思ってる)思い返せば収穫は確か7月下旬ごろから始まったから、かれこれ5ヶ月間にも渡って収穫に恵まれているわけである。これまた(他の野菜同様)苗木を買ってきてテキトーに植えただけ。無農薬は当然のことながら肥料もナシ。周辺の雑草も全く刈らない。意外にそんなあたりに“長生き”の秘密が隠されているのかも若い頃から「薬」に頼り、「栄養価」たっぷりのウマイものを飽食し、さらには“お友達”を選び“ヨイ子”以外は排除してきたようなヒト、意外に早死にするもんだから。当方、薬も医者もここ30数年ほとんど無縁、粗食には慣れっこ、友人連には“雑草”のごとき逞しい方々が多い──。“オレはとことん長生きするタイプだな”と、何となく納得しちまった自分がここにいる
[PR]
by kokuzobosatsu | 2004-12-13 22:27 | ●サルでもできる農業ごっこ